精力剤に使ってる成分の効果でもペニス増大に本当に効く

精力増強剤はその名の通り、精力を高めるための製品として知られています。

 

精力を高めるというのは、つまり性行為時の勃起力や持続力を高めたり、精液の量を増やしたりするということです。
それだけに一般的には精力増強剤はペニスを大きくするために使われることは稀ですが、実は精力増強剤の成分はペニスを大きくする効果もあります。

 

そのため、精力増強剤に興味を持っている人は、ペニスを大きくする効用についても参考にしてみるといいでしょう。
性行為時の勃起力や持続力を高め、精液の量を増やすことに成功した上に,ペニスまで大きくできたとなれば男として多くの自信を得られるはずです。

 

ただし、精力を増強する製品とペニスを大きくする製品をまったく同じものだと思ってはなりません。
名前も違えば使われている成分も違うので、それぞれの違いは細かく認識しておくべきです。
違いを認識した上で自分にとって最適な製品を選ぶようにしましょう。

 

精力剤のペニス増大にかかわる成分

 

たとえば「メチルテストステロン」という成分があります。
これは精力増強剤の中でも医薬品に用いられるものです。

 

加齢などにより男性ホルモンが減っている人に対して処方され、男性更年期障害を改善する効果があります。

 

メチルテストステロンは、男性の身体の中でテストステロン(男性ホルモン)と同様のはたらきをします。
肝臓で分解されにくい特徴があり、内服でも問題なく効くとみられています。

 

男性ホルモンは男性らしさを向上するのに欠かせない物質のため、ペニスを大きくするのにも役立つのです。

 

それから「マカ」という成分があります。
これは南米の植物で、現地では昔から食用に使われていました。

 

アミノ酸やミネラルが豊富に含まれているので、日頃から不足しがちな栄養素を補うことができます。

 

また幅広い脂質が含まれており、脂質不足の人にもぴったりです。
これらの栄養素が男性機能向上に役立つと近年話題になっており、ペニスを大きくするのにも役立ちます。

 

他にも「亜鉛」という成分があります。亜鉛は金属なのですが、人間の身体になくてはならないものです。
ホルモンや核酸など、非常に重要なものの合成を担っています。

 

近年は男性の亜鉛不足が問題視されており、積極的に摂取していかなければなりません。
単純に健康促進にも役立ちますが、男性ホルモンの合成にもかかわっていることから、ペニスを大きくする効果も期待することができます。